ブログ

結果とは自らが選択した行動の成果である。

皆様ごきげんいかがかしら。

秋葉原ほしよみ堂のとりまること

烏丸零(からすまれい)です。

 

 

 

考えるよりもまず行動だ!

と、よく言われますよね。

 

 

確かに

考えているだけでは物事は進展しません。

 

結果を出すには行動するしかない

となるのは至極当然だと思います。

 

 

「行動」

といっても様々なものがありますが

行動したからと言って

必ずしも結果につながるわけではありません。

 

 

「結果に繋がらない行動」

というのもあるわけです。

 

どうせなら

結果につなげたいですよね。

 

「結果に繋がる行動」

とは、やはり

 

 

インプットアウトプット

 

 

これに尽きると思います。

 

 

外から頭の中に

考えや情報、知識を入れるのが

インプット。

 

頭の中にある

考えや情報、知識を、外に出すのが

アウトプット。

 

インプットだけしていても

アウトプットしなければ

ただの自己満足で終ります。

 

その知識や情報は

誰の役にも立ちません。

 

アウトプットだけして

インプットしなければ

成長のない

ただの頭でっかちな人間になってしまいます。

 

 

インプットとアウトプット

どちらも大事なのですが

順番があります。

 

必ず

インプットアウトプット

の順番でなくてはなりません。

 

 

たとえば

「占い師になりたい」

と思ったら

まずは

スクールに通ったり

セミナーを受けたり

本や動画で勉強したり

ということをしますよね。

 

でもそれだけでは

占い師にはなれません。

 

身につけた知識を使って

実際に鑑定をしてみないと

占い師とは呼ばれません。

 

「自信がないのでまだ人を占うのは無理です」

と、なかなか始められない人がいらっしゃいますが

どれだけ多くの知識を吸収したとしても

自信なんてつきません。

 

最初は上手くいかないことも多いでしょう。

それでも

やっていく中で

見つけた問題点を修正しながら

経験を積んでいかなくては

自信はつきませんし

何の結果も出ません。

 

 

これは

実は多くの人が当てはまっている

「結果に繋がらない」

行動パターンですね。

 

何か頑張ろうと(始めようと)思っている。

けれど

情報収集や勉強などの行動で満足してしまって

その能力や知識を生かした行動をしていないので

結果に繋がらない。

 

 

知識だけが増えていくことは

効率化や最適化

が謳われる今の時代で

特に起こりやすいことなのかもしれません。

 

 

インプットした後は

必ず

アウトプットする

という行動が必要なのです。

 

 

行動が結果に繋がらない時は

インプットばかりになってしまっているのかもしれません。

アウトプットしていこう

と意識してみると良いかもしれませんね。

 

 

 

 

「結果とは自らが選択した行動の成果である。」

by.リムル=テンペスト

(転生したらスライムだった件)

 

 

とりまる。

 >  心配することなんか何も無え!!皆 前だけみてけよォ!!背中は俺が護ってやるぜ。

ページトップへ