お知らせ

なぜ星占いは「おひつじ座」からなのか?

こんにちは!
秋葉原ほしよみ堂のリオです。

 

毎朝テレビで

気にしないけど。。

思わず見ちゃう「今日の星占い」

 

なんで「おひつじ座」からなのか?

 

疑問に思ったことないですか?

 

1年なら1月からでもいいのに

なぜ4月の「おひつじ座」なのか?

 

答えは・・

春分点にいちばん近い宮が「白羊宮」だからです。

 

星占いは
太陽の通り道(黄道)の1周りを

12等分した「宮」で占います。(黄道十二宮)

 

その「宮」の始まりが春分点で、

春分点にいちばん近い宮が「白羊宮」なのです。

「おひつじ座」の宮の名称が「白羊宮」です。

 

春分点とは

夏にむけて太陽の日照が長くなる始まりの日。

星占いでは

十二星座の始まり月を「新年」とします。

 

春分節は暦の24節という節

暦なので毎年日にちは変わります。

今年は、2月20日(土曜)18:37です。

 

1月1日 の元旦

立春の2月3日(辛丑の始まり)に次ぐ

3番目のお正月です。

 

ちなみに

おひつじ座は2021年は

3月21日~4月19日生まれの人

 

4月20日生まれは「牡牛座」になるのですが

1975年の4月20日生まれは「おひつじ座」

この年のおひつじ座は

4月21日までだったからです。

 

星座境目の人。。いますよね。

実は、私もそうなんですが💦

「生まれた年によって

(生まれ星座の境目の日にち)が変わる」

その理由が暦にあることを知ったのは

占いを始めてからでした(笑)

 

気になったら

正しい暦をつかった鑑定占いで

確かめてみてくださいね。

リオでした。

 >  「超入門編 四柱推命講座」 開催のお知らせ

ページトップへ