ブログ

時間て何だろう?

 

こんにちは

武山凌大リオです。

 

目が覚めたら

「時計」がない世界になっていたら。。

そんなお話です。

 

 

時計の威力

 

何時なのか分からない生活

自由でしょうか?

不自由でしょうか?

 

朝目覚めてみるテレビも

きっと番組は成り立たないかもしれないですね

 

会社に向かう電車も

時刻がないと

走らせることができないかもしれません。

 

あらゆる「約束」は

ものすごくゆるく大雑把になるでしょう。

 

商業もなりたたない

高度医療もなりたたず

生産や物流などの産業もなりたたない

たくさんの争いや闘争が起こってしまう

かもしれません。

 

正確に時を刻む

時計という機械(マシン)ができたのは

1675年と言われています。

まもなく産業革命が起こります。

 

地球人口は

 

西暦1年で3億人!

1500年で5億人

と言われていているそうです。

 

1675年に時計が生まれ、産業革命が起こったあと

1900年には3倍以上の16億人に増え

今年2021年は5倍近い78億7500万人!!

 

「時計」という「技術」の威力は

文明社会の発達に計り知れない影響を

生んだことになるのかもしれません。

 

 

暦という時間

 

もし時計や電気のない

無人島で目覚めたら!(なんかの映画か夢!?)

 

太陽の日時計や

月の満ち欠け

星の動きをもとに記録して

生活することでしょう。

 

時とは「日」に「寺」と書きます。

時の標しを刻むのが時刻。

 

天体から時の標しを残した記録は

「暦」と呼ばれます。

ユリウス暦からグレゴリオ暦へ改変され

いまもグレゴリオ暦は続いています。

 

 

占いの世界に入ってみると

さまざまな暦があることを知ります。

四柱推命では「干支暦」を使います。

 

こと、生年月日を元にする

「命術」では暦が必須です!

 

私たちは

 

生まれる時代や年

生まれてきた国や都道府県

生まれてくる両親や家系、家族

 

なにひとつ、「生まれること」を

選ぶことができず

母胎に命を宿されました。

 

生まれた瞬間の時刻から

「気」や「天体の位置」など

宇宙や自然から生まれた

さまざまな「暦」に照らして

人の「宿命」は決まるとされています。

心の世界・・宿命を読むのに

暦はなくてはならないものです。

 

 

「技術」から生まれた

時計は電気などで維持されますが

「宇宙自然」から生まれた

暦は時の標しで維持されていきます。

 

どちらも生きるのに必要な「時間」

 

精神世界と経済社会は

心に向かう世界と物質へ向かう社会

それは心と身体の関係に似ている。

 

幸せな心があってこそ

豊かな生活がある?

豊かな生活があってこと

幸せな心がある?

 

暦と時計の関係もまた

心と身体の関係に

似ているのかもしれません。

 

自分の時間

ひとの一生が90年とするなら

時間は。。788,400時間だそうです。

 

ある調べでは

睡眠(7.5時間)が3割

仕事(日9時間の40年)が1割

教育(日8時間の16年)が5%

 

ということは。。

 

人生の55%が

睡眠と学校教育、労働時間を除く

食事など最低限の生活行為や余暇など

ひとり時間や友人や家族と過ごす時間

自分の時間になるということ。

 

55%って

ちょっと驚きですよね。

 

人生の半分の時間は私次第。

健康に過ごしたいですね。

 

 

Time is ・・

 

 

タイムイズ マネー!(時は金カネなり)

タイムイズ パーソン!(時も人なり)

タイムイズ。。

 

あなたにとって

時間ってなんでしょう?

 

武山凌大リオでした。

 

The following two tabs change content below.

最新記事 by 武山凌大(リオ) (全て見る)

 >  時間て何だろう?

ページトップへ