ブログ

12月7日「大雪」になりました。

みなさんこんにちは!

武山リオです。

 

子月の仲冬

二十四節気では

今日から「大雪」(たいせつ)です。

 

冬至に向かって

陽はどんどん短くなり

冬将軍が盛勢となります。

 

1.年と月の干支がシンクロする年

干支暦では

本日から庚子月 になります。

来月1月は、辛丑月となり

今年の干支(えと)辛丑と重なって

 

ちょうど

辛丑月に

辛丑年が終わる月になります。

 

干支暦では2月の立春が新年✨

 

壬寅月の立春、2月4日に

壬寅年の新年になります。

 

昨年2020年は 庚子年

今年2021年は 辛丑年

来年2022年は 壬寅年

 

今月12月は 庚子月

来月   1月は 辛丑月

新年 2月は 壬寅月

 

シンクロしてますね~

 

12月と1月は

昨年今年の振り返りになっています!!

 

2.12年と1年の季節がシンクロする年

1年には四季があるように

月干支は「月運」で3ヵ月毎の季節の気運をもちます。

 

亥月、子月、丑月で「冬」を表し

丑は「土用」春の季節への変わり目の月になります。

 

年の干支「歳運」にも

3年毎の季節の気運があります。

 

亥年、子年、丑年の3年で「北方冬の運」を表し

丑年は「接木」で季節の変わり目の年になります。

十二運では「絶」から「胎」へ新しい循環への変わり目です。

丑月は土用月ですから毎年、初春の寅月への変わり目です。

 

大きな3年の年運と月の運勢がシンクロする年。

 

月運の季節の変わり目に、

年運の季節の変わり目が、

足並みを揃える年が2021年です。

 

3年の季節が春へと変わる変わり目

12年の「四季」の節目でもあります。

 

この2ヵ月は昨年と今年の振り返りをしながら

新しい12年の胎となる、「春」の運気にむけ

目標を見つめなおすにもいいかもしれません。

 

3.子丑の空亡の最後の砦

空亡には6種類ありますが

「子丑」が空亡の方もいます(私です笑)

 

子丑空亡を持つ方は

歳運の2年間の「年空亡」と

2ヵ月の「月空亡」が重なってきます。

 

子丑空亡の人にとっては

年空亡と月空亡が重なって来るという

「最後の砦」の2ヵ月になります。

 

空亡は10年毎に2年間きます。

天干を失う十二支なので

力量的な変化を生じることはなく

大きな厄の原因にならないと看ますが

節目としてみると

2022年の2月立春から

新しい10年間が始まるわけです。

 

この機会に

本格的四柱推命で

来年の運勢や目標を

大きな運勢に照らして

詳しく調べてみてはいかがですか?

 

秋葉原ほしよみ堂☆☆

リオの四柱推命鑑定

こちらから予約できます。

Rio お問い合わせLINE

The following two tabs change content below.

 >  12月7日「大雪」になりました。

ページトップへ