お知らせ

風の時代へ まとめ!(前編)

12月22日 土星と木星の最大接近!

397年ぶりの大会合

240年ぶりの時代変化

なんとしても肉眼でみたい!と思ったら

昨日会った人が

場所と時間を調べてくれて

車で寄ってくださって、見れました!

雲だらけだったのに日の入り前には

雲が消えていき見ることができました。

富士山も裾野までみえてとても幻想的でした。

諦めていたのに。。

まさに「風の時代」の到来を感じる瞬間でした。

 

まとめーーーーーーーーー

1.社会の変化

2.時代の変化

3.準備期間

ーーーーーーーーーーーー

 

12月22日におきた土星と木星の大会合

「大会合」と「風の時代」へ入ることは別のことです。

 

整理してみましょう。

 

1.社会の変化

木星と土星の会合(コンジャンクション)

太陽系を公転する惑星が地球からみたときに

重なりあうことを「会合」と呼びます。

 

20年毎に接近する土星と木星ですが

ここまで(0.1度!)接近するのは

1623年江戸時代から397年ぶりだそうです。

※ニュースより

 

木星:拡大・発展・善意・幸運 (公転1年)

土星:忍耐・試練・努力・秩序 (公転29年)

 

この相反するエネルギーをもつ二つの大惑星が

ぴったりと会合するグレートコンジャンクション

 

地球の外側を公転する惑星(木星土星)

社会概念変革 集団に影響すると言われています。

社会の現状を崩し新しい形に作り直す意味があります。

 

 

2.時代の変化

木星と土星は12月にそれぞれ

風の星座である「水瓶座」に移行しました。

 

風とか地とか火・水を「エレメント(元素)」と呼び

エレメントが変わることを(ミューテーション(変更変化))と呼びます。

 

特に今回のミューテーションは

風→火→水→地→風とちょうど1旬した

200~240年のできごとで

グレートミューテーションと呼ばれます。

 

のエレメント(元素)とは?

 

風に属するのは「双子座・天秤・水瓶座」

知識思考 横への拡散思考 自由奔放を意味し

目の見えないもの(精神性や個性)が前提になる時代。

人間関係も個性と対等・分散へと変わっていきます。

個の時代 と呼ばれています。

 

自分の得意なこと 好きなこと

収入を得る方法も自由 複数あってよい時代

組織への依存にならないように。。

 

私はどうありたいのか? 

自分の軸はなにか?

 

キーワードは「善と正義と愛」

このエネルギーが原動力になります!

 

自分を愛してあげましょう。

できる方法 道 縁 財も

いままでできないと思っていたことも

いともたやすく実現できてしまう。

自分とむきあい 好きになりましょう。

楽しく正しく愛に溢れた生活をイメージして。

 

3.準備期間

天王星という惑星が

8月15日から令和3年1月14日まで逆行しています。

逆行とは公転周期が異なるために起こる天体現象

いろいろな惑星でたまに起こります。

 

今回は「社会と時代の変わり目をまたぐ」逆行。

変わり目をまたぐことは「準備期間」を示します。

つづく

 

The following two tabs change content below.

 >  可能性は否定するものじゃなく意識するもの。

ページトップへ